AndroidタブレットをWindowPCのセカンドディスプレイにしてみた

今年に入ってSurface pro 3を買って、Windows8の癖にも慣れてきました。
慣れてきたら今度は、がっつり作業をしようと思うと、ちょっとディスプレイが狭いなと感じるように。
手持ちのタブレットをセカンドディスプレイにしたら快適になるに決まってる!
試してみることにしました。

結論。
Surface pro 3に対応できるものを探すのに苦労しました。
せっかく苦労したので記事にしておきます。

環境

PC:Surface Pro 3(Core i5/256GB) (Windows8.1)
Tablet:SAMSUNG GALAXY Tab S 10.5型(Android 4.4.2)

使用したアプリ

TwomonAir

PCに入れるソフトはこちらからダウンロードします。
TwomonAir | Easy n Light

Androidアプリはこちら。
TwomonAir – デュアルモニタ,リモートコントロール 1.1.13
カテゴリ: 仕事効率化
Google Playで詳細を見る

iPhone,iPad用もあります。

解説はこちら

【iosアプリ】twomonデュアルディスプレイが凄い件について※win専用

 

これでようやくサブディスプレイが手に入りました!
やった!

おすすめの設定

タブレット側の解像度をどのくらいにすれば快適なのか。
デフォルトでは最大値になっているので、表示が小さすぎて不便。
好みはありますが、私は1440×900で使っています。

感想

SurfaceもGalaxyTabもどちらも指で操作できるので、親和性がとても高いです。
スクロールの方向がSurfaceとGalaxy Tabで逆なのが不便かな。
タブレット側は資料の表示や、PhotoshopやIllustratorのパレットを置くスペースにしたら大きな問題はなさそうです。

これはいい買い物した!

Surface pro 3非対応だったもの

ついでに、Surface pro 3非対応だったものも挙げておきます。(2015年5月8日現在)

Komado2

PCの画面を移すミラーリングのみだったら使えました。

Splashtop Extended Display

Windows8.1非対応のようです。

iDisplay

使えないこともないけれど、動きがもっさりしていて、ちょいちょい表示がおかしくなるので使い続けるのは困難。よって返品。
有料のAndroidアプリは購入から2時間以内は返品できるんですね。知らなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です