Chorome拡張機能 AppSpector が消えた原因と代用アプリ

いつの間にか消えてた。AppSpector。

Choromeの拡張機能で、これを入れていれば、サイトに使用しているCMSやアプリがすぐに分かる、便利な拡張機能で、かなり愛用していました。

消えた原因はこちら

Chrome拡張のAppSpectorがマルウェア疑惑 – 2億か8億

koeeeeee…

代わりに似たような拡張機能をと探していたら、ありました。

消えたAppSpectorのかわりはwappalyzerが良さそう – ミルログ

 

ひとつだけ不満があるのは、Jimdoを検出してくれなこと。
JimdoCafeに携わっているので、Jimdoサイトかどうか一発で分かるAppSpectorはめちゃくちゃ重宝してたんだよなぁ。。
要望出してみたら、導入してくれるかな?(英語の敷居が。ぐぬぬ)

[WP]カスタムフィールドの改行について

カスタムフィールドの改行を反映させたいとき

<?php echo $hogehoge ?>

<?php echo nl2br($hogehoge); ?>

にする。
表示する文字列をnl2br()で囲ってあげる。

nl2br=nl(改行文字) to br(改行タグ)=『改行文字を改行タグにする』 ですね。

参考:カスタムフィールドで改行を有効にする -WordPress(ワードプレス) | 株式会社LIG

カスタムフィールドの改行やタグを抹消したいとき

逆に、何が何でも改行したくない。うっかり入れた余計なタグも無効にしたいとき。

<?php echo $hogehoge ?>

<?php echo sanitize_text_field($hogehoge); ?>

にする。

sanitize_text_fieldはWordPressのテンプレートタグ。
ユーザーが入力、またはデータベースから取得した文字列を無害化するそうです。

このタグ入れてるなら入力フォームはテキストエリアにしないでください!!って某既存テーマに訴えたい。。

参考:関数リファレンス/sanitize text field – WordPress Codex 日本語版

画像をポップアップ表示するシンプルなWordPressプラグイン

とにかく簡単にサクッとWordPressの写真をポップアップにしたいから、『wordpress プラグイン 写真 ポップアップ』で検索かけて上の方に出てきたシンプルそうなやつを入れた!(雑の極み)

Lightbox Plus ColorBoxというプラグイン

ググって1番目にヒットしたサイトはちょっと古めだったし、いろいろなプラグインがが紹介されていて、そうじゃない、選定する暇はないから君の一番のおすすめを教えてくれ!ってことでこちら。

WordPressで画像を自動的にポップアップ表示するプラグイン Lightbox Plus ColorBox | それからデザイン スタッフブログ

もちろんこの手のプラグインは過去いくつも使ったことがありますが。名前も思い出せないし、3年ぐらい前に見つけたやつなので、他にいいのがあるかも、と思いまして。
Evernoteの中の記録を探すより、Googleに聞いてみましたw

もちろん簡単に設置できました。
シンプルにただのポップアップとして使うのはもちろん、設定項目もいろいろあったので、カスタマイズの幅も広そうです。
こういったのを入れておくと、後々拡張したくなっとときも潰しが効くかもしれませんね。

あまりにも簡単に設置できたので、ついでに自分用メモとして、ここに書き残しておきます。

使い勝手のよいWPテーマ Ultimate

WordPress無料テーマUltimateがなかなかに使い勝手がよかったのでシェア。

ダウンロードはこちらから
Ultimate- Free Flat Responsive Business WordPress Theme

Ultimate- Free Flat Responsive Business WordPress Theme はてなブックマーク - Ultimate- Free Flat Responsive Business WordPress Theme

Themes Bundle! Get $265 Worth of Themes for Just $99. Buy Themes Bundle package now. Theme Horse Home Themes Plans & Pricing Support Login Ultimate

Ultimate素敵ポイント

ここいいな、と思ったところ。

最初からスライダーが付属している

あとからつけるとうまくいかなかったりあるある。
なのでセットになっているとありがたいです。

拡張性が高い

ページのテンプレートの種類が豊富。
トップページも2種類から選べて、それ以外のページもサイドバーの有無・左右・メインスペースの幅が細かく設定できます。
ウィジェットも対応しているものが多いし、いまいちレイアウトが崩れるものはCSSでサクッと調整すればいいですし。お寿司。

コーポレートサイトとしても、ブログとしても利用可能

上述したように、トップページのレイアウトが選べます。

CSSは管理画面からいじれる

わざわざ子テーマ作らなくていいのでちょっと楽です。

レスポンシブデザイン

一からレスポンシブ組む技能は私にはないので、もう既存のモノ頼らせてください。ありがとうございます。ありがとうございます。

無料版でもめちゃめちゃ使える

自分でCSS書ける方は無料版で十分だと思います。
逆にCSSなにそれという方は有料版だと簡単にカラーを変えられたりするようですよ。

難点もある

日本語の解説サイトが見つからない

あるのかもしれませんが、『Ultimate』と名の付く有名プラグインがいくつかあるので、検索してもそちらを積極的に拾ってきてくれるんですよね。私は自力(Google翻訳)でなんとかしました。
配布ページ( http://www.themehorse.com/themes/ultimate/ )にあらかた書いてあります。英語で。英語で。

WPやるならば、思うこと

英語に臆せず、ガンガン翻訳にかける、これ大事。

成果物

こちらのサイトになります。
テーマ本体はいじらず、子テーマも作らず、CSSをいじっただけです。

使ったプラグインもまとめてみたいですね。忘備録兼ねて。

Flex BoxがIE対応していた

Flex Box、死ぬほど便利そうだけどIEで使えないしー! と思っていたんですが、使える!使えるよ!

最初、ここ見て実装しました。

CSS3 でのレイアウトで使える box 系プロパティのまとめ | CSS Lecture


ここにIE10以上対応って書いてあるから鵜呑みにしたけれど、表示されず。

[CSS3] 横並びレイアウトを簡単に実現するdisplay:boxが便利 - YoheiM .NET


でも、結構詳しくわかりやすく解説してあるのであとでもう一回読んでおこう。

そして。このご時世さすがのIEも対応させていないわけないんじゃないの!?!?!?と必死こいて調べたら。
ありました。載ってました。MS公式に載っていました。

Internet Explorer 10 の可変ボックス (


これらをまとめると

[code]div{
width: 100%;
display:-ms-flexbox;/ IE /
display:-webkit-box;/ Safari,Google Chrome用 /
display: -moz-box;/ Firefox用 /
}[/code]

これでボックスの中の要素が 高さが揃った状態でぴしゃっと横に並びます!便利!

AndroidタブレットをWindowPCのセカンドディスプレイにしてみた

今年に入ってSurface pro 3を買って、Windows8の癖にも慣れてきました。
慣れてきたら今度は、がっつり作業をしようと思うと、ちょっとディスプレイが狭いなと感じるように。
手持ちのタブレットをセカンドディスプレイにしたら快適になるに決まってる!
試してみることにしました。

結論。
Surface pro 3に対応できるものを探すのに苦労しました。
せっかく苦労したので記事にしておきます。

続きを読む

main_img
アサイド

[WP]URLの変更を二度と間違わないための防備録

同じミスを二度やってしまった自分に驚愕。。
同じ過ちは繰り返さないためにメモ。

WordPressのトップページのURLを変更する方法

ちなみに、ミスというのは、「Wordpressnoアドレス(URL)」のとこを書き換えてしまったもの。
復旧方法はこちら。

一般設定で「WPのアドレス」を変更して、ログインできないときの対処法

STEP1とSTEP2に分かれていますが、どちらかを行えばOK、っぽい。
私はSTEP1ではどうもうまくいかなかったので、
STEP2でデータベースを直接いじりました。

1度目のときは、phpMyAdminが入っていないサーバーで、苦労しましたorz

もう、二度と間違わないぞっ!!